【dj honda】djホンダのプロフィールとディスコグラフィー

dj honda

本名:本田勝裕
誕生日:1965年

目次

dj honda (1995)

『dj honda』dj honda

1995年 国内盤
帯裏面コメント

dj hondaは1990年 DJ BATTLE FOR WORLD SUPREMACY (DJバトルの世界大会)に日本人として初めてエントリーを許可され、’92年の同大会で準優勝獲得。全米のアンダーグラウンド・HIP HOPシーンで一気にその名を轟かせた。又その後のアメリカでの数々のイベント出演で見せた類稀なスキル(技)により、このシーンのリスベクトを勝ち得た唯一の日本人である。’94年自らのプロデュース・アルバムのレコーティング準備の為、単身渡米。12月には彼の全トラック総合プロデュースによるG’s Hip Hop Rimixes (dj hondaが初めて日本人としてリミックスを許可された初のオフィシャル hip hopリミックス集) が届けられた。 そして、いよいよこの6月にソロ・アルバムでワールド・ワイドにプロデューサー・デビューを果たす。プロデューサーとしてのdj hondaのトラック (アルバム)には、このシーンの中核をなすアーティストが集まっている。このアルバムで彼は日本をアメリカのHIP HOPシーンの同一線上に並べたと言っても過言でない。

  • US盤リリース日:1996年7月2日
  • 国内初盤リリース日:1995年7月1日
  • 品番:SRCS 7726
  • 日本語解説:あり
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:矢花陽子)
  • 国内盤ボーナストラック:US盤とは内容が違います。
  1. Dat’s My Word feat. Redman
  2. DJ Battle (Round 1)
  3. Game Of Death feat. Erick Sermon
  4. Cold Blooded feat. Melle Mel
  5. What You Expected feat. Guru, DJ Premier (Gang Starr)
  6. Freestyle ’95 feat. Biz Markie
  7. Zulu Shout Out feat. Afrika Bambaataa
  8. Bread+Jerry
  9. Earth Till It’s Down
  10. DJ Battle (Round 3)
  11. What It Look Like
  12. Out For The Cash (5 Deadly Venoms) feat. Common, Fat Joe, The Beatnuts
  13. Old School Jam

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる