【Slum Village ~ J Dillaの歴史】日本盤CDの帯コメントでキャリアを振り返る

目次

Slum Village – Fan-Tas-Tic Vol 1 (1997)

『ファンタスティック・ヴォリューム 1』スラム・ヴィレッジ

2010年 国内初盤
帯コメント

そう、ここからスラム・ヴィレッジの伝説は始まった…
『ファンタスティック・ヴォリューム2』が生まれる以前に完成していた幻の処女作
世界を魅了し続ける傑作がボーナス・トラックを追加して堂々の国内盤リリース!!

  • US盤リリース日:1997年7月11日
  • 国内初盤リリース日:2010年2月24日
  • 品番:OTCD-2223
  • 日本語解説:あり(クエスト・ラブ)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:ハシム・バルーチャ)
  • 国内盤ボーナストラック:「Sensation」「World Full Of Sadness」
  1. Fantastic
  2. Keep It On (This Beat)
  3. I Don’t Know
  4. How We Bullshit
  5. Fat Cat Song
  6. The Look Of Love
  7. Estimate
  8. Hoc N Pucky
  9. Beej N Dem
  10. Pregnant / T3
  11. Forth & Back (Rock Music)
  12. Fantastic 2
  13. Fantastic 3
  14. Keep It On
  15. 5 Ela Remix
  16. Give This Nigga
  17. Players
  18. Look Of Love (Remix)
  19. Pregnant / Baatin
  20. Things U Do (Remix)
  21. Fat Cat (Remix)
  22. Fantastic 4
  23. What’s Love Gotta Do With It (Look Of Love Remix)
  24. 2 You 4 You
  25. Sensation
  26. World Full Of Sadness

Slum Village – Fantastic, Vol. 2 (2000)

『ファンタスティック Vol.2』スラム・ヴィレッジ

2000年 国内初盤
帯コメント

『ジ・ウマー』の中心人物としても名高いジェイ・ディーが、T・3/バーティンと共に結成したホーム・プロジェクト、それがスラム・ヴィレッジだ。ディアンジェロ、バスタ・ライムス、Qティップ、ピート・ロック、KURUPT、ジャジー・ジェフ等、超豪華なゲストを迎えて、謎めいていた正体がいよいよ露になる時がやって来た。大衝撃作。付録:ジェイ・ディー 全ディスコグラフィー

  • US盤リリース日:2000年6月13日
  • 国内初盤リリース日:2000年8月2日
  • 品番:VICP-61092
  • 日本語解説:あり(二木崇、白石裕一朗、小渕晃)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Intro
  2. Conant Gardens
  3. I Don’t Know feat. Jazzy Jeff
  4. Jealousy
  5. Climax (Girl Sh**)
  6. Hold Tight feat. Q-Tip
  7. Tell Me feat. D’ Angelo
  8. What It’s All About feat. Busta Rhymes
  9. Forth & Back feat. Kurupt
  10. Untitled / Fantastic
  11. Fall In Love
  12. Get Dis Money
  13. Raise It Up
  14. Once Upon A Time feat. Pete Rock
  15. Players
  16. Eyes Up
  17. 2U4U
  18. CB4
  19. Go Ladies
  20. Thelonius feat. Common

『ファンタスティック・ヴォリューム 2.10 デラックス・エディション』スラム・ヴィレッジ

2010年 国内初盤
帯コメント

世界中を虜にしたヒップホップ史にその名を刻む傑作アルバムのリリースから早10年…
ジェイ・ディー、バーティン、T3。デトロイト、いやヒップホップ至宝=スラム・ヴィレッジ
その偉業を讃えるべく決定版とも呼べるデラックス・エディションが緊急発売
国内盤はボーナス・トラック+歌詞対訳付きの超豪華仕様で堂々のリリース!!

  • 国内初盤リリース日:2010年2月24日
  • 品番:OTCD-2225
  • 日本語解説:なし
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:BEN THE ACE)
  • 国内盤ボーナストラック:「Go Ladies (Inst)」「Thelonious」「Raise It Up」「Fall In Love (Remix)」

Disc 1

  1. Intro
  2. Conant Gardens
  3. I Don’t Know
  4. Jealousy
  5. Climax (Girl Sh**)
  6. Hold Tight (Remix)
  7. Tell Me
  8. What It’s All About
  9. Forth And Back (Remix)
  10. Untitled/Fantastic
  11. Fall In Love
  12. Get Dis Money
  13. CB4
  14. Once Upon A Time (Remix)
  15. Players
  16. Eyes Up
  17. 2U4U
  18. Hustle
  19. Go Ladies
  20. We Be Dem #1
  21. We Be Dem #2
  22. Get It Together

Disc 2

  1. Conant Gardens (Inst)
  2. I Don’t Know (Inst)
  3. Climax (Girl Sh**) (Inst)
  4. Hold Tight (Remix Inst)
  5. Tell Me (Inst)
  6. Untitled/Fantastic (Inst)
  7. Fall In Love (Inst)
  8. Get Dis Money (Inst)
  9. CB4 (Inst)
  10. Players (Inst)
  11. Eyes Up (Inst)
  12. 2U4U (Inst)
  13. Hustle (Inst)
  14. Go Ladies (Inst)
  15. Thelonious
  16. Raise It Up
  17. Fall In Love (Remix)

Jay Dee aka J Dilla – Welcome 2 Detroit (2001)

『ウェルカム・トゥ・デトロイト』ジェイ・ディー

2011年 国内初盤
帯コメント

ビートメイカーに焦点を当て「知覚の扉」を開け放った革命的タイトル
世界中のビートメイカーたちが憧れた<BBE>による鉄板シリーズ!!
ビート・ジェネレーション記念すべき第1弾は、このオトコ!!
惜しまれつつも若くしてこの世を去った天才プロデューサー
ジェイ・ディーからジェイ・ディラのサウンドにアップデートし放つ
デトロイト・サウンドを世界中に轟かせた処女作にして不朽の傑作

帯裏面コメント

有名無名に関わらず、“正解中のビートメイカー”を奮い立たせたという革命的シリーズ、その名もビート・ジェネレーション。「あなたらしいアルバムを・・・だって!マジかよ!!(喜)」。かつて相方のウィル・スミスと共にグラミーも手にした大御所ジャジー・ジェフは、この英BBEとラップスターによる“ザ・ビート・ジェネレーション”からのオファーの“おまかせ度”に、まず仰天したという。そう、このシリーズの真のテーマは「自由(クリエイティヴ・フリーダム)」。そんな、ビートメイカーに焦点を当て、“知覚の扉”を開け放った強力タイトルは、コンピ含めて過去10年でアルバム10作にも上る・・・。

  • US盤リリース日:2001年2月26日
  • 国内盤リリース日:2011年3月26日
  • 品番:BBEBGCDJ001
  • 日本語解説:あり(二木崇)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Welcome 2 Detroit
  2. Y’all Ain’t Ready
  3. Think Twice
  4. The Clapper
  5. Come Get It
  6. Pause
  7. B.B.E. (Big Booty Express)
  8. Beej-N-Dem Pt.2
  9. Brazilian Groove (EWF)
  10. It’s Like That
  11. Give It Up
  12. Rico Suave Bossa Nova
  13. Featuring Phat Kat
  14. Shake It Down
  15. African Rhythms
  16. One

『WELCOME 2 DETROIT -THE 20TH ANNIVERSARY EDITION-』J DILLA

2021年 20周年記念盤
帯コメント

それまでジェイ・ディーと名乗っていた彼が、初めてJ・ディラ名義で発表した初のソロ・アルバムにしてヒップホップ史に残る金字塔。『Welcome 2 Detroit』が20周年!
日本が世界に誇るキング・オブ・ディギン、MUROによるリミックス、そしてブラジリアン・フュージョンの至宝アジムスによるカヴァーなどボーナス収録。

  • 国内盤リリース日:2021年3月3日
  • 品番:OTLCD2535
  • 日本語解説:あり(吉田雅史)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:上神彰子 (YAPPARI HIPHOP))
  • 国内盤ボーナストラック:「Rico Suave Bossa Nova (Benji B edit)」
  1. Welcome 2 Detroit
  2. Y’all Ain’t Ready
  3. Think Twice
  4. The Clapper
  5. Come Get It
  6. Pause
  7. B.B.E. (Big Booty Express)
  8. Beej-N-Dem Pt.2
  9. Brazilian Groove (EWF)
  10. It’s Like That
  11. Give It Up
  12. Rico Suave Bossa Nova
  13. Feat. Phat Kat
  14. Shake It Down
  15. African Rhythms
  16. One
  17. Think Twice (DJ Muro’s KG Mix)
  18. Think Twice (DJ Muro’s KG Mix Instrumental)
  19. Azymuth / Rico Suave Bossa Nova (Vinyl Edit)
  20. Rico Suave Bossa Nova (Benji B Edit)

Jay Dee – The Official Jay Dee Instrumental Series Vol. 1: Unreleased (2002)

  • US盤リリース日:2002年10月1日
  • 国内盤リリースなし
  1. Flyyyyyy
  2. Busta
  3. L.L.
  4. Hambro
  5. Substitute
  6. Guitar
  7. Tomita
  8. Vibeout

Jay Dee – Vintage: Unreleased Instrumentals (2003)

  • US盤リリース日:2003年1月1日
  • 国内盤リリースなし
  1. It’s Dope
  2. Kamaal
  3. Doo Doo
  4. The Skip
  5. Get Down
  6. Dreamy
  7. Coastin
  8. The Dee
  9. Earl
  10. On the 1
  11. Circus
  12. Grannie
  13. Trashy

J Dilla – Donuts (2006)

『ドーナツ – デラックス・エディション』J ディラ

2016年 国内初盤
帯コメント

ヒップホップが生んだ奇跡のプロデューサー、ビートの巨人:J Dilla aka Jay Dee。
没後10周年。遺作となりこれからも永遠に光り輝き続けていく名作「Donuts」のリリース10周年を迎えてデラックス・エディションが登場!!
ボーナス・トラック3曲収録

帯裏面コメント

映画『Our Vinyl Weighs a Ton』でのクエストラヴの言葉を借りるならば、『Donuts』の音楽的な基盤は“ソウル・ループやモータウン・ブレイクスへの原点回帰”にある。’00年代前半にカニエ・ウェストやジャスト・ブレイズといったプロデューサーがソウル/R&Bのサンプリングで新たな流れを作ったのだが、それをJ・ディラ流に解釈したものが『Donuts』のサウンドというわけだ。また書籍<33 1/3>でも言及されているのだが、J・ディラのトラック・メイキングは良い意味で既存のルールを無視している。通常、プロデューサーは誰も使ったことのない、自分だけのとっておきの曲をサンプリングするものであるが、しかし、J・ディラはすでに他の人が使用した曲や誰もが知る定番曲であっても躊躇せずにサンプリングし、しかもそれを他者の一段も二段も上回るやり方で完成させる。『Donuts』で使われているサンプリング・ソースもソウル/R&Bだけでなく、ロックから電子音楽、インド歌謡までジャンルも幅広く、時代さえも問わない。
<デラックス・エディション・ボーナストラック>
32. Sniper Elite feat. MF DOOM
33. Murder Goons feat. Ghostface Killah
34. Signs

  • US盤リリース日:2006年2月7日
  • 国内盤リリース日:2016年2月10日
  • 品番:STH-2126JP
  • 日本語解説:あり(大前至)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:「Sniper Elite」「Murder Goons」「Signs」
  1. Donuts (Outro)
  2. Workinonit
  3. Waves
  4. Light My Fire
  5. The New
  6. Stop
  7. People
  8. The Diff’rence
  9. Mash
  10. Time: The Donut Of The Heart
  11. Glazed
  12. Airworks
  13. Lightworks
  14. Stepson Of The Clapper
  15. The Twister (Huh, What)
  16. One Eleven
  17. Two Can Win
  18. Don’t Cry
  19. Anti-American Graffiti
  20. Geek Down
  21. Thunder
  22. Gobstopper
  23. One For Ghost
  24. Dilla Says Go
  25. Walkinonit
  26. The Factory
  27. U-Love
  28. Hi.
  29. Bye.
  30. Last Donut Of The Night
  31. Welcome To The Show
  32. Sniper Elite
  33. Murder Goons
  34. Signs

J Dilla – The Shining (2006)

『THE SHINING -THE 15TH ANNIVERSARY EDITION-』J DILLA

2006年 15周年記念盤
帯コメント

『Donuts』と同時期に制作された、J・ディラの追悼盤15周年
Feat. ディアンジェロ、コモン、その美しさに涙ナシには聴けない「So Far to Go」収録。サンプリングの魅力、ここに極まれり!

  • US盤リリース日:2006年8月22日
  • 国内盤リリース日:2021年3月3日
  • 品番:OTLCD2536
  • 日本語解説:あり(吉田雅史)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:上神彰子 (YAPPARI HIPHOP))
  • 国内盤ボーナストラック:「So Far To Go (Radio Edit)」「So Far To Go (Instrumental)」「Baby (Clean)」「Baby (Instrumental)」「Won’t Do (Clean)」「Won’t Do (Instrumental)」「Love Jones (extended)」「Jungle Love (Instrumental)」
  1. Geek Down
  2. E=MC2
  3. Love Jones
  4. Love
  5. Baby
  6. So Far To Go
  7. Jungle Love
  8. Over The Breaks
  9. Body Movin’
  10. Dime Piece (Remix)
  11. Love Movin’
  12. Won’t Do
  13. So Far To Go (Radio Edit)
  14. So Far To Go (Instrumental)
  15. Baby (Clean)
  16. Baby (Instrumental)
  17. Won’t Do (Clean)
  18. Won’t Do (Instrumental)
  19. Love Jones (extended)
  20. Jungle Love (Instrumental)

Illa J – Yancey Boys (2008)

『ヤンシー・ボーイズ』イラ・J

2008年 国内初盤
帯コメント

全曲J・ディラ・プロデュース!実弟イラ・Jの待たれていたデビュー・アルバムが遂に完成!
J・ディラの遺したプレミアム・ビーツを惜しげもなく使い切った究極のブラザーズ・ジョイント!

帯裏面コメント

ヒップホップ史にその名を刻んだ不朽のプロデューサー、故J・ディラの実弟イラ・J。
ディラの没後、未発表トラックやレコーディング機材を受け継ぎ、<Yanchy Boy Studios>を設立して本格的にラッパーとして始動。
J・ディラ・サウンドの象徴とも言えるデリシャス・ヴァイナル在籍時代(1995-98年頃)、レーベルへ遺されていたビートをベースに作成された待望のデビュー・アルバム、その名も『ヤンシー・ボーイズ』が遂に完成!

  • US盤リリース日:2008年11月8日
  • 国内初盤リリース日:2008年12月19日
  • 品番:PCD-17254
  • 日本語解説:あり(大前至)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Timeless
  2. We Here
  3. R U Listenin’? feat. Guilty Simpson
  4. Alien Family by Frank Nitty
  5. Strugglin
  6. Showtime
  7. Swagger
  8. Mr. Shakes (Skit) aka Affion Crockett
  9. DFTF feat. Affion Crockett
  10. All Good
  11. Sounds Like Love feat. Devi Nova
  12. Everytime
  13. Illasoul
  14. Air Signs

J Dilla – Jay Stay Paid (2009)

  • US盤リリース日:2009年6月2日
  • 国内盤リリースなし
  1. KJay FM Dedication
  2. King
  3. I Told Yall
  4. Lazer Gunne Funke
  5. In The Night / While You Slept (I Crept)
  6. Smoke
  7. Blood Sport
  8. CaDILLAc
  9. Expensive Whip
  10. Kaklow (Jump On It)
  11. Digi Dirt
  12. Dilla Bot VS. The Hybrid
  13. Milk Money
  14. Spacecowboy Vs. Bobble Head
  15. Reality TV
  16. On Stilts
  17. Fire Wood Drumstix
  18. Glamour Sho75 (09)
  19. 10,000 Watts
  20. 9th Caller
  21. Make It Fast (Unadulterated Mix)
  22. 24K Rap
  23. Big City
  24. Pay Day
  25. See That Boy Fly
  26. Coming Back
  27. Mythsysizer
  28. KJay And We Out

Yancey Boys – Sunset Blvd. (2013)

『サンセット・ブルーヴァード』ヤンシー・ボーイズ

2013年 国内初盤
帯コメント

全トラック秘蔵のJ DILLAビート!J DILLA実弟のILLA Jと、FRANK-N-DANKのFRANK NITTによるタッグ、YANCEY BOYSが投下する待望のフルアルバム!
インスト盤付き2枚組CD

帯裏面コメント

J・ディラの実弟イラ・Jと、フランク・ン・ダンクのフランク・ニットによるゴールデン・コンビ、ヤンシー・ボーイズのフルアルバム!ディラ音源のオフィシャル管理人であるフランク・ニット監修の元、とわの眠りから覚めた秘蔵のJ・ディラ・トラックを全曲で使用。手練れ揃いのフィーチャリング陣を従え、しかもインスト・バージョンを収録した2枚組仕様での豪華リリース!

  • US盤リリース日:2013年10月29日
  • 国内初盤リリース日:2013年10月30日
  • 品番:DV9072CDJ
  • 日本語解説:あり(塚田桂子)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Dilltro feat. Dank
  2. Fisherman feat. Vice, J Rocc, Detroit Serious
  3. Lovin’ U feat. Eric Roberson
  4. Go And Ask The DJ feat. Guilty Simpson, J Rocc
  5. Jeep Volume feat. T3 & C-minus
  6. Flowers feat. Talib Kweli, Niko Gray, Rhettmatic
  7. Honk Ya Horn feat. J. Pinder
  8. Slippin’ feat. Early Mac
  9. Without Wings
  10. Beautiful feat. Posdnuos, Botni Applebum
  11. Quicksand feat. Common, Dezi Paige
  12. Rock My World feat. Slimkid3 & Niko Gray
  13. The Throwaway
  14. This Evening

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる