【Lord Finesse】ロード・フィネスのプロフィールとディスコグラフィー

Lord Finesse

本名:Robert Hall Jr.
誕生日:1970年2月19日

目次

Lord Finesse & DJ Mike Smooth – Funky Technician (1990)

  • US盤リリース日:1990年2月6日
  • 国内盤リリースなし
  1. Lord Finesse’s Theme Song Intro
  2. Baby, You Nasty (New Version)
  3. Funky Technician
  4. Back To Back Rhyming
  5. Here I Come
  6. Slave To My Soundwave
  7. I Keep The Crowd Listening
  8. Bad Mutha
  9. Keep It Flowing
  10. A Lesson To Be Taught
  11. Just A Little Something
  12. Strictly For The Ladies
  13. Track The Movement

Lord Finesse – Return Of The Funky Man (1992)

『リターン・オブ・ザ・ファンキー・マン』ロード・フィネス

2014年 国内初盤
帯コメント

ダイアモンドDやショウビズはもちろんロードフィネスも自ら手がけたファンキーなビートの数々と、主役のスムースなライムデリヴァリーにBボーイ悶絶必至!
名前に全く偽りなしのファンキーサウンドが詰まった、捨て曲皆無のクラシック!

帯裏面コメント

ロード・フィネスの1stアルバム『Funky Technician』は、1990年にワイルド・ピッチ・レコーズからリリースされた。当時、同レーベルのA&Rのひとりだったグールーに気に入られ契約を得て、実は「ほぼ全ての曲に関わっていた」のだというDJ・プレミアの全面的な手助けを受けた同作は、ギャング・スターのふたりがいなければ生まれていなかったものと言える。そして2ndである本作『Return Of The Funky Man』は、アイス・Tのライム・シンジケイトにマネジメント面を任せる形で、LA拠点のリプリーズ/ワーナー・ブラザーズ傘下レーベルだったジャイアントからリリースされている。

  • US盤リリース日:1992年2月11日
  • 国内盤リリース日:2014年2月16日
  • 品番:TEGJ75508
  • 日本語解説:あり(小渕晃)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Lord Finesse Intro
  2. Return Of The Funky Man
  3. I Like My Girls With A Boom
  4. Yes You May
  5. Hey Look At Shorty
  6. Praise The Lord
  7. Save That Shit
  8. Show ‘Em How We Do Things
  9. Isn’t He Something
  10. Fat For The 90’s
  11. Stop Sweating The Next Man
  12. Funky On The Fast Tip
  13. That’s How Smooth I Am
  14. Party Over Here
  15. Fuck ‘Em
  16. Kicking Flavor With My Man

Lord Finesse – Funky Man: The Prequel (2013)

『ファンキーマン:ザ・プリクエル』ロード・フィネス

2013年 国内限定盤
帯コメント

D.I.T.C.総帥ロード・フィネスによる91年リリースの金字塔アルバム『RETURN OF THE FUNKY MAN』。その未CD化のリミックス・バージョンやアンリリースド・トラックを一挙にコンパイルした日本企画のスペシャル・アルバム!

帯裏面コメント

90’sシーンのレジェンド達が集うディギン・イン・ザ・クレイツ=D.I.T.C.の首領ロード・フィネスが、91年に放ったクラシック・アルバム『RETURN OF THE FUNKY MAN』。そのオリジナル・バージョンに勝るとも劣らない、ダイアモンド・D、ラージ・プロフェッサー、ショウビズらが手掛けたリミックスやデモ・バージョンなどレア・トラックの数々を、この度一挙にコンパイルし史上初のCDアルバム化!また、各音源はフィネス自身の手で再アレンジが施され、ミックス担当はギャング・スターをはじめDJプレミアの諸作やナズ、ジェイ・Z等ビッグ・アーティストからの信頼も厚い名エンジニア:エディ・サンチョ、マスタリングは元マーリー・マール門下の仕事人:K-デフと、これ以上ない強力サポート陣のもと全11曲の貴重音源に再び息が吹き込まれた!

  • US盤リリースなし
  • 国内盤リリース日:2012年5月30日
  • 品番:SSRCD001J
  • 日本語解説:あり(MURO)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  1. Praise The Lord (Original Version)
  2. Stop Sweating The Next Man (Lord Finesse Remix)
  3. Isn’t He Something (Showbiz Remix)
  4. Isn’t He Something (Large Professor Remix)
  5. I Like My Girls With A Boom (Original Version)
  6. Hey Look At Shorty (Demo Version)
  7. Fat For The 90’s (Original Version)
  8. Funky On The Fast Tip (Original Version)
  9. Show ‘Em How We Do Things (Demo Version)
  10. Hands In The Air, Mouth Shut (Re-Mastered)
  11. Kicking Flavor With My Man (Remix)

Lord Finesse – The Awakening (1996)

『THE AWAKENING』ロード・フィネス

1996年 国内初盤
帯コメント

ペナルティー・レーベル移籍第1弾

帯裏面コメント

D.I.T.C.(ディギン・イン・ザ・クレイツ)の中心人物、ロード・フィネス。ペナルティー・レーベル移籍第一弾。通算3枚目になるソロ・アルバムがこれ“THE AWAKENING”。彼はDJ、RAP、プロデュースという全ての才能を兼ね備えた、HIP HOPシーンでも稀な存在である。
昨年デビューを果たし見事なまでにそのシーンでの成功を手にしたBIG Lもこのロード・フィネスによって見出されたラッパーである。その他数多くの彼のプロダクションの成功で今やこのシーンを代表し、かつ中心的存在と言える。’95年アルバムに先がけてリリースされた“HIP 2 DA GAME”(今作にも収録されている)でご存知の方も多い事と思うが、彼のサウンド・プロダクションはHIP HOPをメジャーに訴えてゆくに充分な華やかさを持っており、このアルバムに参加しているゲストの豪華さもこれにさらに華をそえている(KRS-ONE、ショウビズ、ダイアモンド・D、O.C.、MCライト、プーバ、サダトX他)。

  • US盤リリース日:1996年2月20日
  • 国内盤リリース日:1996年5月29日
  • 品番:SRCS 7998
  • 日本語解説:あり(萩谷雄一)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:矢花陽子)
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Da Sermon (Intro)
  2. Time Ta Bounce feat. Doo Wop
  3. True And Livin’
  4. O’ Lord feat. O.C.
  5. Brainstorm / P.S.K. (No Gimmicks Remix) feat. KRS-ONE, O.C.
  6. Taking It Lyte feat. MC Lyte
  7. Gameplan
  8. Words From Da Ak feat. Akinyele
  9. Flip Da Style
  10. Showtime feat. Showbiz
  11. Speak Ya Peace feat. Marquee, Diamond, A.G.
  12. Food For Thought
  13. Da Kid Himself feat. Kid Capri
  14. Hip 2 Da Game
  15. No Gimmicks feat. KRS-ONE
  16. Actual Facts

Lord Finesse – Diggin’ On Blue (1999)

『DIGGIN’ ON BLUE』MIXED BY LORD FINESSE

1999年 国内限定盤
帯コメント

超有名ヒップホップ・プロデューサーがブルーノートをターンテーブル・ミックス!

帯裏面コメント

ネタ掘り師フィネスは全44トラックをノンストップ・ミックス!ATCQ、ルーツ、メイン・ソース、AZ、NAS、ウータン・クラン、ランDMC、ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスなどネタの嵐!!!
イーヴルD、クールGラップ、O.C.、GURU、そしてあのDJプレミアまでがシャウト・アウト!

  • US盤リリースなし
  • 国内盤リリース日:1999年10月27日
  • 品番:TOCP 65248
  • 日本語解説:あり(二木崇)
  1. Donald Byrd – Night Whistler
  2. Donald Byrd – Wind Parade
  3. Ronnie Laws – Tidal Wave
  4. Ronnie Foster – Mystic Brew
  5. Jack McDuff – Oblighetto
  6. Bobbi Humphrey – Chicago Damn
  7. Gene Harris – Prelude
  8. Gene Harris – Peace Of Mind
  9. Grant Green – We’ve Only Just Begun
  10. Jimmy Mcgriff – Back On The Track
  11. Bobby Humphrey – San Francisco Lights
  12. Blue Mitchell – Monkin’ Around
  13. Bobbi Humphrey – My Little Girl
  14. Earl Klugh – Living Inside Your Love
  15. Bobbi Humphrey – El Mundo De Maravillas
  16. Bobby Hutcherson – Montara
  17. Bobby Hutcherson – Procession
  18. Bobbi Humphrey – Just A Love Child
  19. Grant Green – Maybe Tomorrow
  20. The Three Sounds – Soul Symphony
  21. Bobby Hutcherson – Now
  22. Bobby Hutcherson – At The Source
  23. Marlena Shaw – Feel Like Makin’ Love
  24. Lou Donaldson – You’re Welcome, Stop On By
  25. Gene Harris & The Three Sounds – Sittin’ Duck
  26. The Three Sounds – Repeat After Me
  27. Gene Harris & The Three Sounds – Sugar Hill
  28. Joe Williams – Get Out Of My Life Woman
  29. Reuben Wilson – Hot Rod
  30. Reuben Wilson – We’re In Love
  31. Donald Byrd – Think Twice
  32. Donald Byrd – Dominoes
  33. Lonnie Smith – Spinning Wheel
  34. Lou Donaldson – Everything I Play Is Funky
  35. Lou Donaldson – Pot Belly
  36. Lou Donaldson – Tennessee Waltz
  37. Lou Donaldson – It’s Your Thing
  38. Lou Donaldson – Ode To Billie Joe
  39. Donald Byrd – Change
  40. Lou Donaldson – Who’s Makin’ Love
  41. Lee Morgan – Absolutions
  42. The Three Sounds – Soul Symphony
  43. Grant Green – Down Here On The Ground
  44. Greg Osby – Raise

Lord Finesse – Rare & Unreleased (2007)

『レア・アンド・アンリリースド』ロード・フィネス

2007年 国内初盤
帯コメント

ロード・フィネス自らの監修による裏ベスト・アルバム!
ロード・フィネスの真骨頂とも言えるアンダー・グラウンド作品とR&Bチューンを完全網羅したベスト盤!

帯裏面コメント

本作を手に取ったほとんどの人がロード・フィネスのコアなファンだとは思うけども、そんな人達にとって彼は単に一人の才能あるアーティストというだけでなく、優れたプロデューサー、リミキサーであるというのは周知の事実だろう。これまで『Funky Technician』(’90年)、『Return Of The Funky Technician』(’91年)、『The Awakening』(’96年) という、いずれもその年を代表するヒップホップ・クラシックを産み出し、さらにファット・ジョー、ビッグ・L、O.C.といったD.I.T.C.の仲間達のソロ・アルバムへもプロデューサーとして参加してきたロード・フィネス。D.I.T.C. 以外でも数々のアンダーグラウンド・アーティストにトラックを提供する一方で、ノトーリアスB.I.G.『Ready To Die』、ドクター・ドレー『2001』といった大ヒット・アルバムにも携わり、さらにR&Bの分野にも進出するなど、実に多岐に渡る活動を繰り広げてきた。そんなロード・フィネスのプロデュース/リミックス作を集めたのがこのコンピレーション・アルバム『Rare&Unreleased』であるが、未発表曲も多数含まれていることから、当然、音源の出所はロード・フィネス本人であり、彼自身の選ぶ裏ベストとも呼べる曲ばかりが集められている。ロード・フィネスの真骨頂とも言えるアンダーグラウンド・アーティストとの絡みが前半部分の核になっており、その一方で後半にR&Bチューンを並べているのもまた彼の強い自信とこだわりが感じ取れる。曲の権利関係などで入れられなかった曲もあったであろうが、それでもこの収録曲はロード・フィネス本人が選んでこそのラインナップであるのは間違いなく、そんな部分も含めて聴き込めば、より深く彼のサウンドを理解することが出来るだろう。(本盤解説より抜粋)

  • US盤リリース日:2007年1月12日
  • 国内盤リリース日:2007年1月12日
  • 品番:CISCD-3
  • 日本語解説:あり(大前至)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Lord Finesse – Intro
  2. Lordz Of Brooklyn – Lakes Of Fire
  3. Pitch Black – Show And Prove
  4. Ak Skillz – Check The Flava
  5. Lord Finesse – Tony Touch Freestyle
  6. Lord Finesse – Interlude
  7. The Ill Biskits – 22 Years
  8. The Ill Biskits – Let ‘Em Know
  9. Ground Floor – Dig On That
  10. Illegal – On The M.I.C.
  11. Shorty Long – Shorty’z Doin’ His Own Thang
  12. Lord Finesse & Diamond D – Do Your Thing Kid
  13. Lord Finesse – Interlude
  14. Lord Finesse – The Message (Demo Version)
  15. Stephen Simmonds – Alone
  16. Twice – Come Home
  17. Jeff Redd – Show You
  18. Lord Finesse – Ghetto
  19. Black Coffee – Sunshine
  20. Lord Finesse – Interlude
  21. Bas Blasta – The Rhythm
  22. BIG – Party And Bullshit (Remix)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる