【KRS-One】KRS・ワンのプロフィールとディスコグラフィー

KRS-One
目次

KRS ONE – KRS ONE (1995)

『KRSワン』KRSワン

1995年 国内初盤
帯コメント

進化するラッパー、男KRSワン。
常にシーンの最前線!今も昔も時代を代表するヒップホップ界のオピニオンリーダー、堂々の最新作!!

帯裏面コメント

KRSワン、本名クリス・パーカー。ブギ・ダウン・プロダクションズのリーダーとして、現在のラップ/ヒップホップシーンを作ったビッグ・アーティスト。NYのサウス・ブロンクス出身で、獄中生活、ホームレス・ライフを経て、’88年のアルバム「バイ・オール・ミーンズ・ネセサリー」でメジャー・デビューを果たした。あの有名な『STOP THE VIOLENCE MOVEMENT』(ドラッグ撲滅、犯罪防止を提唱したヒップホップ界の一大ムーブメント)でのKRSワンのリーダーシップは、その後のシーンに大きな影響を与えた。KRS ONEとは、Knowledge Reins Supreme Over Nearly Everyoneの略。

  • US盤リリース日:1995年10月10日
  • 国内盤リリース日:1995年12月16日
  • 品番:BVCQ-648
  • 日本語解説:あり(BANANA ICE)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:泉山真奈美)
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Rappaz R. N. Dainja
  2. De Automatic feat. Fat Joe
  3. MC’s Act Like They Don’t Know
  4. Ah-Yeah
  5. R.E.A.L.I.T.Y.
  6. Free Mumia feat. Channel Live
  7. Hold
  8. Wannabemceez feat. Mad Lion
  9. Represent The Real Hip Hop feat. Das EFX
  10. The Truth
  11. Build Ya Skillz feat. Busta Rhymes
  12. Out For Fame
  13. Squash All Beef
  14. Health, Wealth, Self

KRS-ONE – I Got Next (1997)

『アイ・ガット・ネクスト』KRS ワン

1997年 国内初盤
帯コメント

ヒップホップの何たるかをその生き様で具現化し続ける男
“ブラスト・マスター”『KRS ワン』!!
現場では早くも定番化しているモホークスの “The Champ” ネタのシングル、”ステップ・イントゥ・ア・ワールド” を含む超待望のニュー・アルバムが遂に完成!!
JIVE/AVEXだから実現した日本先行発売!ボーナス・トラック3曲/4ヴァージョン収録!
YES,YES,Y’ALL. YA DON’T STOP. KRS-ONE ROCK ON!

  • US盤リリース日:1997年5月20日
  • 国内盤リリース日:1997年4月23日
  • 品番:AVCZ 95035
  • 日本語解説:あり(泉山真奈美)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:泉山真奈美)
  • 国内盤ボーナストラック:「Step Into A World (Rapper’s Delight) (Instrumental)」「Word Perfect」「Perhaps Sh’ll Die」
  1. 1st Quarter – The Commentary
  2. 2nd Quarter – Free Throws
  3. The MC
  4. I Got Next / Neva Hadda Gun
  5. Heartbeat
  6. Step Into A World (Rapture’s Delight)
  7. A Friend
  8. H.I.P.H.O.P.
  9. Halftime
  10. 3rd Quarter – The Commentary
  11. Klassicks
  12. Blowe
  13. Real Hip Hop – Part II
  14. Come To Da Party
  15. Can’t Stop Won’t Stop
  16. Over Ya Head
  17. Just To Prove A Point
  18. 4th Quarter – Free Throws
  19. Step Into A World (Rapper’s Delight) (Radio Mix)
  20. Step Into A World (Rapper’s Delight) (Instrumental)
  21. Word Perfect
  22. Perhaps Sh’ll Die

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる