ヒップホップの黎明期について分かりやすく簡潔に

1970年代前半のニューヨーク

時はディスコ全盛期。ニューヨークのナイトクラブには着飾ったセレブたちが集い、DJがかける音楽に合わせて踊りながら、華やかな夜を過ごしていた。

一方、同じニューヨークでもブロンクス区の状況は違った。保険金目当ての放火が多発し、ギャングが街を支配する悲惨な状況だった。

そこに住む若者たちは、荒んだ日常を満たす新たな娯楽を見つける。それはDJがアパートや公園などで開くパーティーだった。

ヒップホップの誕生日

1973年8月11日。

ウエスト・ブロンクス、セジウィック・アベニュー1520番地の娯楽室で『Back To School Jam』という名のパーティーが開かれた。

この日がヒップホップの誕生日として認定されている

DJがかける音楽を聴きながら客がパーティーを楽しむという図式はディスコと同じであったが、娯楽室のパーティーは選曲の面でディスコと大きな違いがあった。

それは、ディスコでは流れないファンキーな音楽がかかるということだった。

また、楽曲を丸々かけるのではなく、楽曲の一部分のみをかけるという独特なプレイの仕方がなされていた。

このパーティーのDJであり、そのプレイスタイルを確立した人物が、ヒップホップの生みの親 Kool DJ Hercだ。

ヒップホップ黎明期の3大DJ:① Kool DJ Herc

クール・ハークは、曲中にあるドラムソロなどの音数が少なくなる部分(=ブレイク)で客が盛り上がることに気付いた。

そして、2台のターンテーブルを使い、異なる曲のブレイクをつなぎ合わせてプレイした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!