【Ed O.G & Da Bulldogs】エド・O.G & ダ・ブルドッグスのプロフィールとディスコグラフィー

Ed O.G & Da Bulldogs

Ed O.G(左端)
本名:Edward Anderson
誕生日:1970年11月27日

目次

Roxbury 02119 (1993)

『ロックスベリー02119』エド・O.G. & ダ・ブルドッグス

2006年 国内初盤
帯コメント

ダイアモンド (D.I.T.C.) が全12曲中5曲をプロデュース、当時の東海岸ハードコア・ムードを伝えた、エドO.G. & ダ・ブルドッグスの’94年発表のセカンド。人気のクラシック “Love Comes And Goes” 収録!

帯裏面コメント

about『Roxbury 02119』
オウサム・2のバックアップでレーベルと契約、’91年に『Life Of A Kid In The Ghetto』でデビューしたエドO.G. & ダ・ブルドッグスだが、ダ・ブルドッグスがDJクルーズ、T・ナイン、ジー・マンの3名に固定されたのが当セカンド。新たに制作陣に加わったダイアモンド(D.I.T.C.) の、DITC印とも言えようボトムの効いたトラック感触は全体を支配。”Love Come And Goes” はアーサー・コンレイのシャウトをフックに使用した 「わかりやすさ」とメロウなテイストは他制作曲とは異彩を放ち、今なお高人気。エドをフックアップしたジョー・マンスフィールドも前作同様に奮闘、 ここでは秀逸なネタ使い+ホーンの “Skinny Dip (Got It Goin’ On)” などを制作。

  • US盤リリース日:1994年1月18日
  • 国内初盤リリース日:2006年11月17日
  • 品番:PCD-7279
  • 日本語解説:あり(高橋芳朗)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Streets Of The Ghetto
  2. Busted
  3. Love Comes And Goes
  4. Skinny Dip (Got It Goin’ On)
  5. I Thought Ya Knew
  6. I’m Laughin’
  7. I’ll Rip You
  8. Go Up And Up
  9. Try Me
  10. Dat Ain’t Right
  11. Less Than Zero
  12. Check It Out

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる