【Dr. Dre】ドクター・ドレのプロフィールとディスコグラフィー

Dr. Dre

本名:Andre Romelle Young
誕生日:1965年2月18日
音源デビュー:The Wreckin’ Crew「Surgery」(1984年)

目次

The Chronic(1992)

『クロニック』ドクター・ドレー

1993年 国内初盤
帯コメント

不穏な空気を漂わせるシンプル&スローなサウンド。
N・W・Aのドクター・ドレー初のソロアルバム。
■全米アルバムチャートNo.3を記録!
■プロデュース:ドクター・ドレー

  • US盤リリース日:1992年12月15日
  • 国内初盤リリース日:1993年4月25日
  • 品番:AMCY-524
  • 日本語解説:あり(バイオグラフィを翻訳したもの)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:あり(和訳:石川ゆう子)
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. The Chronic (Intro)
  2. Fuck With Dre Day
  3. Let Me Ride
  4. The Day The Niggaz Took Over
  5. Nuthin’ But A “G” Thang
  6. Deez Nuuuts
  7. Lil’ Ghetto Boy
  8. A Nigga Witta Gun
  9. Rat-Tat-Tat-Tat
  10. The $20 Sack Pyramid
  11. Lyrical Gangbang
  12. High Powered
  13. The Doctors Office
  14. Stranded On Death Row
  15. The Roach (The Chronic Outro)
  16. Bitches Ain’t Shit
書籍『ラップ/ヒップホップ』 (1996)

Dr. Dre From Los Angeles

1965年2月18日、サウス・セントラル生まれ。本名アンドレ・ヤング。80年頃から地元のクラブでDJをやり始め、店のオーナーだったロンゾ・ウィリアムスの提案で、17歳の時にワールド・クラス・レッキン・クルーを結成。揃いの衣装を着てポップな曲をやるグループの方針に不満を感じながらも87年ごろまで活動を続け、その後、イージー-E、アイス・キューブ、MCレン、同僚だったDJイェラとともにN.W.A.を結成。自らもイージー-Eが設立したルースレス・レコーズのハウス・プロデューサーとなり、イージー-Eの「イージー・ダズ・イット」、N.W.A.のデビュー作「ストレイト・アウタ・コンプトン」をはじめ、数々のヒット・アルバムを制作した。一方ではワールド・クラス・レッキン・クルー時代にも共演していた女性シンガー、ミッシェレイ(実質、ドレーの妻)のデビュー作「ミッシェル・レ」(89年)のプロデュースも手掛けている。N.W.A.はギャングスタ・ラップの草分けとして、随所で非難されながらも黄金時代を築き上げたが、92年にはルースレスとの金銭トラブルが原因でドレーは離脱、シュグ・ナイトとともに自らのレーベル、デス・ロウを設立する。92年にはサントラ「ディープ・カバー」のタイトル曲を手掛け、同年、ソロ・デビュー作『The Chronic』を発表。大好きなPファンクをベースにした独自のGファンクを確率し大ヒット作となる。またスヌープ主演によるショート・ムーヴィ『マーダー・ワズ・ザ・ケース』を発表し映画制作にも意欲を見せる。94年には『アバヴ・ザ・リム』のサントラもプロデュースした。

2001(1999)

『2001』ドクター・ドレー

1999年 国内初盤
帯コメント

西海岸の首領(ドン)=ドクター・ドレーのソロ第2弾、約7年の歳月を経て堂々完成!!
参加アーティスト ●メアリー・J.ブライジ ●エミネム ●スヌープ・ドッグ ●クラプト ●イグジビット ●スティッキー・フィンガズ 他

  • US盤リリース日:1999年11月16日
  • 国内初盤リリース日:1999年11月22日
  • 品番:MVCT-24063
  • 日本語解説:あり(小林雅明)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:あり(和訳:栗原泉)
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Lolo (Intro) feat. Xzibit & Tray – Dee
  2. The Watcher
  3. Fuck You feat. Devin a/k/a The Dude & Snoop Dogg
  4. Still D.R.E. feat. Snoop Dogg
  5. Big Ego’s feat. Hittman
  6. Xxplosive feat. Hittman, Kurupt, Nate Dogg & Six – Two
  7. What’s The Difference feat. Eminem & Xzibit
  8. Bar One feat. Traci Nelson, Ms. Roq & Eddie Griffin
  9. Light Speed feat. Hittman
  10. Forgot About Dre feat. Eminem
  11. The Next Episode feat. Snoop Dogg
  12. Let’s Get High feat. Hittman, Kurupt & Ms. Roq
  13. Bitch Niggaz feat. Snoop Dogg, Hittman & Six – Two
  14. The Car Bomb feat. Mel – Man & Charis Henry
  15. Murder Ink feat. Hittman & Ms. Roq
  16. Ed – Ucation feat. Eddie Griffin
  17. Some L.A. Niggaz feat. Defari, Xzibit, Knoc – Turn’al, Time Bomb, King – T, MC Ren & Kokane
  18. Pause 4 Porno feat. Jake Steed
  19. Housewife feat. Kurupt & Hittman
  20. Ackrite feat. Hittman
  21. Bang Bnag feat. Knoc – Turn’al & Hittman
  22. The Message feat. Mary J. Blige & Rell

Compton(2015)

『コンプトン』ドクター・ドレー

2015年 国内初盤
帯コメント

ヒップホップ界の重鎮、グランド・フィナーレ
自らの出身地であるカリフォルニア州コンプトン地区に捧げる、16年ぶりの新作にして最後のスタジオ・アルバム。
参加アーティスト:エミネム、ケンドリック・ラマー、スヌープ・ドッグ、アイス・キューブ、ジル・スコット 他
日本盤のみ|スペシャル座談会|Kダブシャイン、JAM、伊藤雄介、司会:高橋芳朗
リリック解説|押野素子
初回生産限定|ジャケット絵柄ステッカー封入

  • US盤リリース日:2015年8月7日
  • 国内初盤リリース日:2015年9月25日
  • 品番:UICS-1305
  • 日本語解説:あり(Kダブシャイン、JAM、伊藤雄介、高橋芳朗による対談形式)
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:リリック解説のみ(和訳:押野素子)
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Intro
  2. Talk About It feat. King Mez & Justus
  3. Genocide feat. Kendrick Lamar, Marsha Ambrosius & Candice Pillay
  4. It’s All One Me feat. Justus & BJ The Chicago Kid
  5. All In A Day’s Work feat. Anderson .Paak & Marsha Ambrosius
  6. Darkside/Gone feat. King Mez, Marsha Ambrosius & Kendrick Lamar
  7. Loose Cannons feat. Xzibit, Cold 187um & Sly Pyper
  8. Issues feat. Ice Cube, Anderson .Paak & Dem Jointz
  9. Deep Water feat. Kendrick Lamar, Justus & Anderson .Paak
  10. One Shot One Kill / Jon Connor feat. Snoop Dogg
  11. Just Another Day / The Game feat. Asia Bryant
  12. For The Love Of Money feat. Jill Scott, Jon Connor & Anderson .Paak
  13. Satisfiction feat. Snoop Dogg, Marsha Ambrosius & King Mez
  14. Animals feat. Anderson .Paak
  15. Medicine Man feat. Eminem, Candice Pillay & Anderson .Paak
  16. Talking To My Diary

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる