【Anderson .Paak】アンダーソン・パークのプロフィールとディスコグラフィー

Anderson .Paak

本名:Brandon Paak Anderson
誕生日:1986年2月8日

目次

Malibu (2016)

『マリブ』アンダーソン・パック

2016年 国内初盤
帯コメント

ここ10年の西海岸シーンで、最高級の才能と最大級の注目!!
ドクター・ドレーも惚れた男による衝撃のセカンド・アルバム
あのドクター・ドレーが『Compton』にて大抜擢した規格外の才能の持ち主!! アーバン・ソウルと、ヒップホップ、ジャズ、ダンスレス・ミュージックのシームレスな融合に、フランク・オーシャンやケンドリック・ラマー、フライング・ロータス、ジ・インターネットのファンも虜になること間違いなしの超必聴盤!!

帯裏面コメント

ドクター・ドレーの復帰作『Compton』にて16曲中6曲もフィーチャーという異例の大抜擢により、瞬く間に現在の西海岸シーンにおける最大級の注目を集める存在となったアンダーソン・パックが、待望の2ndアルバムをリリース!!
シンガー/ラッパーとプロデューサーのどちらでも類まれな才能を持つ彼が、その全てをつぎ込んで完成させた『Malibu』は、ドレー同様、彼の音楽を愛して止まない超一流のアーティストが集結。プロデューサーとしてロバート・グラスパー、マッドリブ、9thワンダー、ケイトラナーダ、DJ・カリルら、多彩な方面からそれぞれの代表選手ともいえる面々がアンダーソンと共に楽曲を制作。フューチャリスティックでアーバンなソウル、ヒップホップ、ファンク、ジャズ、そしてダンス・ミュージックをシームレスに繋いだそれは、まさにオッド・フューチャーの面々とフライング・ロータス率いる<Brainfeeder> の間の溝を埋めるような衝撃サウンド!!
参加ミュージシャン:
ザ・ゲーム (The Game) / スクールボーイ・Q (Schoolboy Q) / タリブ・クウェリ(Talib Kweli) / BJ・ザ・シカゴ・キッド (BJ The Chicago Kid) / ラプソディー(Rapsody) ほか
参加プロデューサー:
ロバート・グラスパー (Robert Glasper) / マッドリブ (Madlib) / 9thワンダー (9thWonder) / DJ・カリル (DJ Khalil) / ケイトラナーダ (Kaytranada) / ハイ・テック(Hi-Tek) ほか

  • US盤リリース日:2016年1月15日
  • 国内盤リリース日:2016年1月27日
  • 品番:ERECDJ218TW
  • 日本語解説:あり(末崎裕之 (bmr))
  • 英語歌詞:なし
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤限定ボーナストラック:なし
  1. The Bird
  2. Heart Don’t Stand A Chance
  3. The Waters
  4. The Season / Carry Me
  5. Put Me Thru
  6. Am I Wrong
  7. Without You
  8. Parking Lot
  9. Lite Weight
  10. Room In Here
  11. Water Fall (Interluuube)
  12. Your Prime
  13. Come Down
  14. Silicon Valley
  15. Celebrate
  16. The Dreamer

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる