【Rakim】ラキムのプロフィールとディスコグラフィー

Rakim

本名:Willis Michael Griffin Jr.
誕生日:1968年1月28日

グループ:Eric B. & Rakim

目次

Rakim – The 18th Letter (1997)

『ジ・エイティーンス・レター』ラキム

1997年 国内初盤
帯コメント

帝王ラキム、5年ぶりのニュー・アルバム。
「ラキムはまるでニンジャみたいに、注意深く、正確に、僕らをうちのめす」。- ティーチ(ノーティー・バイ・ネイチャー)
「ラキムは10年も前から詩を書き続けている。彼が10年前に書いた詩は、いまのほとんどのラッパーの詩より、ずっとカッコ良いよ」。- クーリオ
「みんなラキムに敬意を払うといい。彼が、ラップに与えた影響は記念碑的だ」。- バスタ・ライムス

  • US盤リリース日:1997年11月4日
  • 国内盤リリース日:1997年12月17日
  • 品番:MVCU-24011 (UD-53113)
  • 日本語解説:あり(高橋芳朗)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Intro
  2. The 18th Letter (Always And Forever)
  3. Skit
  4. It’s Been A Long Time
  5. Remember That
  6. The Saga Begins
  7. Skit
  8. Guess Who’s Back
  9. Stay A While
  10. New York (Ya Out There)
  11. Show Me Love
  12. Skit
  13. The Mystery (Who Is God?)
  14. When I’m Flowin
  15. It’s Been A Long Time (Suave House Mix)
  16. Guess Who’s Back (Alternative Mix)
  17. Outro

Rakim – The Master (1999)

『ザ・マスター』ラキム

1999年 国内初盤
帯コメント

帝王、動く。
他のビッグ・ネームからも絶大なリスペクトを受けるラキム、ソロ名義の第2弾アルバムが登場!今世紀最後にして最高の歴史的名盤。これを聴かずしてラップを語るなかれー。

帯裏面コメント

About The Artist
他のMCやDJに“ラキムは神だ”“喋り声からして既にラップしている”“完全無欠”などと言われるほどリスペクトされているスーパー・ラッパー。ラップ・ユニット ‘エリック・B. & ラキム’ として80年代を通してヒップホップ・シーンをリードしてきたが、1992年に解散。以後5年の沈黙を破り、ラキムはソロ名義で1997年に『ジ・エイティーンス・レター』でシーンに復帰、この記念碑的アルバムはシーンの話題を独占する。数多くのビッグ・ネーム・ラッパーが“影響されたラッパー”として名を挙げている。

  • US盤リリース日:1999年11月30日
  • 国内盤リリース日:1999年12月1日
  • 品番:MVCU-24057
  • 日本語解説:あり(小林雅明)
  • 英語歌詞:あり
  • 歌詞対訳:なし
  • 国内盤ボーナストラック:なし
  1. Intro
  2. Flow Forever
  3. When I B On Tha Mic
  4. Finest Ones
  5. All Night Long
  6. State Of Hip Hop Interlude
  7. Uplift
  8. I Know
  9. It’s The R
  10. I’ll Be There
  11. It’s A Must
  12. Real Shit
  13. How I Get Down
  14. L.I. Interlude
  15. Strong Island
  16. Waiting For The World To End
  17. We’ll Never Stop

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次へ戻る
目次
閉じる